【注意!】サウナは髪の毛が痛む!与える3つの影響と対策方法を紹介!

当ページのリンクには広告が含まれています。
  • URLをコピーしました!
  • サウナに行きたいけれど、髪の毛が傷むのが心配
  • サウナで髪の毛を守る方法が知りたい
  • サウナ前後のヘアケアの方法を知りたい
りお

こんな悩みを解決できる記事になっています!

サウナが髪に与える影響を理解し、適切なヘアケアを行うことで、サウナを楽しみながら髪の健康を保つことができるのです。

この記事を読み終えることで、サウナが髪に与える影響を理解し、サウナ前・中・後のヘアケア方法を習得できます!

記事の前半では『高温多湿環境が髪に与えるストレス』について解説し、後半では『サウナ後のヘアケア』について解説しますので、ぜひ参考にしてください。

この記事を書いた人
  • サウナ歴:10年
  • 愛知県のサウナー
  • サウナ・スパ健康アドバイザー取得
  • 年間300日以上でサウナに行く
  • 月間3万人以上の方がこのブログ読む
  • 毎日サウナに行きたい30代男性
  • X@saunablog

\600種以上サウナ商品がここに/

いつでも、あなたの好きな時に。プライベートサウナで自由なひとときを。

家庭用の屋内~屋外までなんでも揃っている!サウナ商品から自分だけのサウナを!

▶▶▶何でも相談OKです

本記事の内容

サウナが髪の毛に与える影響

サウナが髪の毛に与える影響

サウナが髪の毛に与える影響について解説していきます。

サウナは高温多湿な環境であるため、髪の毛にさまざまなストレスを与えてしまうのです。

りお

サウナが髪の毛に与える影響は以下の3つが挙げられます。

りお

それぞれ詳しく解説していきましょう。

高温多湿環境が髪に与えるストレス

サウナの高温多湿な環境は髪の毛に大きなストレスを与えます。

髪の毛は高温にさらされると、内部の水分が奪われ、乾燥してしまうからです。

りお

実際に、高温多湿の環境下では以下のような人が多いでしょう。

  • 髪の毛がパサつく
  • 髪の毛が広がりやすくなる
  • 髪の毛のツヤがなくなる

このような状態が続くと、髪の毛は傷みやすくなってしまいます。

また、高温多湿な環境では髪の毛だけでなく、頭皮も影響を受けるので注意が必要です。

りお

髪の毛と頭皮の両方を守るためにも、サウナ前後のケアが大切ですよ。

毛穴の開きと皮脂の過剰分泌

サウナの高温環境は毛穴を開かせ、皮脂の分泌を促進させてしまいます。

皮脂は髪の毛を保護する役割がありますが、過剰に分泌されると逆効果になるのです。

りお

以下のような人は、サウナによって毛穴が開き、皮脂が過剰に分泌されやすいです。

  • もともと皮脂の分泌量が多い人
  • 頭皮が敏感肌の人
  • 汗をかきやすい人

過剰な皮脂は髪の毛を重くし、ベタつきの原因にもなります。

また、毛穴に皮脂や汚れが詰まると、髪の毛の成長を妨げる可能性もあるのです。

りお

サウナ後は、しっかりと髪を洗い流すことで、毛穴の詰まりを防ぎましょう。

キューティクルの損傷とパサつき

キューティクルとは、髪の表皮にあたるもので、ウロコ状の形をしています。
キューティクルは髪の毛の油分や水分などの成分を守っています。キューティクルが壊れると、傷みの原因になります。そのため、キューティクルのケアが重要になるのです。

引用元:シャボン玉石けん株式会社

サウナの高温多湿な環境は髪のキューティクルを傷つけ、パサつきの原因となります。

りお

以下のような人は、キューティクルが傷つきやすいので注意が必要です。

  • カラーリングやパーマをしている人
  • 髪の毛が細い人
  • 年齢とともに髪の毛が細くなってきた人

キューティクルが傷つくと、髪の毛の水分が奪われ、パサつきが目立つようになるのです。

また、キューティクルが傷ついた髪の毛は、外的ダメージを受けやすくなるので要注意です。

りお

サウナ後は、保湿効果の高いトリートメントを使うことで、キューティクルの損傷を最小限に抑えましょう。

サウナ前のヘアケア

サウナ前のヘアケアについて解説していきます。

サウナの高温多湿な環境から髪の毛を守るためには、事前のケアが欠かせません。

りお

サウナ前のヘアケアとして、以下のことを行うのがおすすめです。

  • 髪を濡らし、保湿効果のあるトリートメントやオイルを塗布

髪を濡らし、保湿効果のあるトリートメントやオイルを塗布

サウナに入る前に、髪の毛を軽く濡らし、保湿効果のあるトリートメントやオイルを塗布するのがおすすめです。

髪の毛を濡らすことで、高温多湿な環境から髪の毛を守ることができるのです。

りお

実際に、サウナ前にヘアケアを行う人は以下のような特徴があります。

  • サウナの熱から髪の毛を守りたい人
  • 髪の毛の乾燥が気になる人
  • ダメージヘアが気になる人

濡らした髪の毛にトリートメントやオイルを塗布することで、保湿効果がアップします。

また、髪の毛の表面を覆うことで、高温多湿な環境からのダメージを最小限に抑えられるのです。

ただし、トリートメントやオイルは付けすぎないように注意しましょう。

りお

べたつきの原因になるので、少量を手のひらで温めてから、毛先を中心に塗布するのがポイントですよ。

サウナ中の注意点

サウナ中の注意点

サウナ中の注意点について解説していきます。

せっかくサウナ前にヘアケアをしても、サウナ中の行動次第では髪の毛を傷めてしまうかもしれません。

りお

サウナ中は以下の2つの点に注意しましょう。

それぞれ詳しく解説していきます。

髪を高温にさらさないように、タオルやサウナハットで保護

サウナ中は、髪の毛を直接高温にさらさないように、タオルやサウナハットで保護するのがおすすめです。

直接高温にさらすことで、髪の毛は急激に乾燥し、ダメージを受けやすくなってしまいます。

りお

以下のような人は、特に髪の毛の保護が必要です。

  • 髪の毛が傷みやすい人
  • 髪の毛が細い人
  • 長い髪の毛の人

タオルやサウナハットで髪の毛を覆うことで、高温多湿な環境から守ることができるのです。

また、サウナ室内で汗をかいた際も、髪の毛を覆っていれば、汗による髪の毛の傷みを防げます。

ただし、タオルは、蒸気で蒸されると熱くなるので、温度には十分注意しましょう。

りお

熱すぎる場合は、一度外して温度を下げるようにしてくださいね。

\ポイント最大11倍!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

長時間のサウナ滞在は避ける

サウナに長時間滞在することは、髪の毛にとって大きな負担となります。

高温多湿な環境に長時間さらされることで、髪の毛は極度の乾燥状態に陥ってしまうのです。

りお

以下のような人は、サウナの滞在時間に注意が必要です。

  • 髪の毛が乾燥しやすい人
  • 髪の毛のダメージが気になる人
  • 頭皮が敏感な人

長時間のサウナ滞在は、髪の毛だけでなく、身体全体に負担をかけてしまいます。

適度な時間で上がることを心がけ、髪の毛と身体の両方を労わるようにしましょう。

1回の滞在時間は6〜8分程度が目安です。

りお

髪の毛を守るためにも、短時間で出入りを繰り返すのがおすすめですよ。

サウナ後のヘアケア

サウナ後のヘアケアについて解説していきます。

サウナで受けたダメージを最小限に抑えるためには、アフターケアが欠かせません。

りお

サウナ後のヘアケアとして、以下のことを行うのがおすすめです。

それぞれ詳しく解説していきましょう。

ぬるま湯でしっかりと髪を洗い流す

サウナ後は、ぬるま湯でしっかりと髪の毛を洗い流すことが大切です。

高温多湿な環境で蓄積した汗や皮脂、汚れを取り除くことで、髪の毛をリフレッシュさせるのです。

りお

実際に、サウナ後のシャワーでは以下のようなことに気をつけましょう。

  • 38〜40度程度のぬるま湯を使う
  • 髪の毛を優しくもみ洗いする
  • 頭皮もマッサージするように洗う

ぬるま湯を使うことで、髪の毛へのダメージを最小限に抑えることができます。

また、髪の毛と頭皮をしっかりと洗うことで、清潔に保つことができるのです。

ただし、ゴシゴシと力を入れすぎないように注意しましょう。

りお

ぬるま湯と優しい力加減で、髪の毛を労わりながら洗うことが大切ですよ。

保湿効果の高いシャンプーとコンディショナーの使用

サウナ後のシャンプーとコンディショナーは、保湿効果の高いものを選ぶのがおすすめです。

サウナの高温多湿な環境で失われた水分を補給し、髪の毛に潤いを与えるのです。

りお

以下のような成分が配合されているシャンプーとコンディショナーがおすすめです。

  • ヒアルロン酸
  • セラミド
  • 天然オイル
  • シアバター

これらの保湿成分が、髪の毛に潤いを与え、ダメージを修復してくれます。

また、シャンプー後のコンディショナーは、毛先を中心になじませるのがポイントです。

毛先は特に傷みやすいので、しっかりと保湿することが大切ですよ。

りお

ぜひ、自分の髪質に合った保湿力の高いアイテムを選んでみてくださいね。

髪を乾かす際は、低温で優しく行う

サウナ後に髪の毛を乾かす際は、低温で優しく行うのがおすすめです。

高温のドライヤーの熱は、髪の毛に大きなダメージを与えてしまうからです。

りお

以下のようなことに気をつけながら、髪の毛を乾かしましょう。

  • ドライヤーは頭から20cm以上離して使う
  • できるだけ低温で乾かす
  • 髪の毛を乾かしすぎない

ドライヤーの温度を低めに設定し、髪の毛との距離を保つことで、熱によるダメージを防げます。

また、髪の毛を完全に乾かしてしまうと、乾燥の原因になるので、少し湿り気を残すのがポイントです。

ヘアケアアイテムを使う場合は、乾かす前に塗布すると効果的ですよ。

りお

低温で優しく乾かすことを心がければ、サウナ後の髪の毛もしっとりつやつやに仕上がるはずです。

さいごに:【注意!】サウナは髪の毛が痛む!与える3つの影響と対策方法を紹介!

りお

以上、サウナが髪の毛に与える影響とサウナ前後のヘアケアについて解説しました。

サウナが髪の毛に与える影響は以下の3つでした。

  • 高温多湿環境が髪に与えるストレス
  • 毛穴の開きと皮脂の過剰分泌
  • キューティクルの損傷とパサつき

サウナ前のヘアケアとしては、以下のことを行うのがおすすめです。

  • 髪を濡らし、保湿効果のあるトリートメントやオイルを塗布

サウナ中は以下の2つの点に注意しましょう。

  • 髪を高温にさらさないように、タオルやサウナハットで保護
  • 長時間のサウナ滞在は避ける

サウナ後のヘアケアとしては、以下のことを行うのがおすすめでした。

  • ぬるま湯でしっかりと髪を洗い流す
  • 保湿効果の高いシャンプーとコンディショナーの使用
  • 髪を乾かす際は、低温で優しく行う

サウナを楽しみながら、髪の毛の健康を保つためには、以上のようなヘアケアが大切です。

あなたも、サウナ前後のヘアケアを意識して、サウナライフを満喫してみてはいかがでしょうか。

りお

美しい髪を保ちながら、サウナのリラックス効果を存分に味わいましょう!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
本記事の内容