【徹底比較】サウナと岩盤浴の違いとは?特徴を詳しく解説!

当ページのリンクには広告が含まれています。
  • URLをコピーしました!
チョキ

サウナと岩盤浴って何が違う?どっちがおすすめなのか知りたい!

本記事の内容
  • サウナと岩盤浴の違いがよくわからない
  • サウナと岩盤浴のどちらがおすすめなのか知りたい
  • サウナと岩盤浴の効果の違いを比較したい

このようなお悩みを解決していきます!

この記事を読み終えることで、サウナと岩盤浴の特徴の違いを理解し、自分に合ったお気に入りの発汗方法を見つけることができるでしょう!

記事の前半では『サウナと岩盤浴の違い』について、それぞれの特徴を解説します。後半では『サウナと岩盤浴どっちがおすすめ?』と題して、両者の魅力を比較検討していきます。

この記事を書いた人
  • サウナ歴:10年
  • 愛知県のサウナー
  • サウナ・スパ健康アドバイザー取得
  • 年間300日以上でサウナに行く
  • 月間3万人以上の方がこのブログ読む
  • 毎日サウナに行きたい30代男性
  • X@saunablog

\500種以上サウナ商品がここに/

いつでも、あなたの好きな時に。プライベートサウナで自由なひとときを。

家庭用の屋内~屋外までなんでも揃っている!サウナ商品から自分だけのサウナを!

▶▶▶何でも相談OKです

本記事の内容

サウナと岩盤浴の違い

一般的なサウナ(乾燥サウナ)の場合だと岩盤浴とは違います。

しかしサウナの種類は多くその中にはサウナ室なのに岩盤浴と同じ設備を使われているものがあります。

低温サウナと呼ばれている遠赤外線サウナは岩盤浴と全く同じ効果です。

ぐー

サウナの種類は下記の記事に詳しく紹介していますぞ。

サウナと岩盤浴は、どちらも体を温めるという点では共通していますが、その方法や特徴には違いがあります。

それぞれの特徴を理解することで、自分に合った発汗方法を選ぶことができるでしょう。

ぐー

ここでは一般的なサウナ(乾燥サウナ)と岩盤浴についての違いを紹介していきます。

サウナの特徴

サウナは高温の空気で体を温める発汗方法です。

温度が高く、湿度も低いため、体の芯から熱せられるような感覚を得られます。

サウナの特徴をまとめると以下のようになります。

  • 温度は80〜100℃と高温
  • 湿度は10〜20%と低め

サウナの高温多湿な環境は、体の代謝を活発にする効果があるとされています。

ただし、長時間の入浴は体に負担がかかるので、こまめに休憩を取るようにしましょう。

ぐー

水分補給も忘れずに行ってくださいね。

主な効果としては不眠症改善や自律神経を整いなどストレス解消、むくみや肌荒れといった美容効果もあります。

ただ上記の効果は水風呂に入った状態の効果であり水風呂に入らなければ効果はありません。

水風呂なしの場合は不眠症改善、免疫力を高めるなど美容効果があります。

ぐー

水風呂あり、なし効果や水風呂の入り方など下記の記事で詳しく紹介していますぞ。

もう一つサウナ魅力の一つとしては「ととのう」です。

サウナーの中ではこれのために行く人が非常に多い。

日本人は特に「ととのう」を楽しむためにサウナに行きます。

「ととのう」を体感してみたい人は乾燥サウナを使います。

ちなみに岩盤浴には水風呂がないので「ととのう」を体感は難しい!

ぐー

ととのうについては以下の記事で詳しく紹介しているよ。

ぱー

ふわふわした感じでととのうを体感するのもいいけど

次の日の朝が快適に起きられるのが一番気持ちがいい!

ぐー

ととのうを是非体感してほしい!

岩盤浴の特徴

岩盤浴は、加熱した天然石の上に寝そべることで体を温める発汗方法です。

遠赤外線の作用により、体の芯からじんわりと温められるのが特徴です。

岩盤浴の特徴をまとめると以下のようになります。

  • 温度は40〜60℃程度
  • 湿度は60〜80%と高め
  • 専用の部屋着を着用して入る
  • 家族やカップルで楽しめる

岩盤浴は、ゆっくりと体を温められるため、リラックス効果が高いと言われています。

また、遠赤外線の作用により、体の奥まで温められるため、代謝アップにも効果的だとされています。

ただし、長時間の入浴は体に負担がかかるので、体調に合わせて時間を調整しましょう。

もう一つ男女で楽しめるのも一つの魅力とも言えますね。

ぐー

詳しくは下記の記事で紹介しています。

ぐー

こちらも水分補給も忘れずに行ってくださいね。

サウナと岩盤浴どっちがおすすめ?

サウナと岩盤浴、どちらがおすすめかは人それぞれですが、それぞれの魅力を知ることで、自分に合ったものを選ぶことができます。

それぞれの魅力を比較することで、あなたに合った発汗方法が見つかるかもしれません。

サウナと岩盤浴のおすすめポイントは以下の通りです。

  • サウナは短時間で発汗できる
  • 岩盤浴はリラックス効果が高い
ぐー

それぞれ解説していきます。

サウナの魅力

サウナは短時間で発汗できるため、忙しい人におすすめです。

高温多湿の環境で体を温めることで、短時間でも十分な発汗効果が得られます。

サウナの魅力をまとめると以下のようになります。

  • 8〜10分程度の短時間で発汗できる
  • 高温多湿の環境で代謝アップ効果が期待できる
  • 日常の疲れを取るのに最適
  • 毛穴の汚れを取り除く効果がある

サウナは、忙しい現代人にとって手軽に発汗できる方法と言えるでしょう。

ただし、短時間で高温多湿の環境にさらされるため、体調管理には気を付ける必要があります。

体調が優れない時は無理せず、ゆっくり休むようにしましょう。

ぐー

サウナの正しい入り方は下記の記事で詳しく紹介しているよ。

岩盤浴の魅力

岩盤浴は、ゆっくりと体を温められるため、リラックス効果が高いのが魅力です。

遠赤外線の作用により、体の芯からじんわりと温められるため、心身ともにリラックスできます。

岩盤浴の魅力をまとめると以下のようになります。

  • ゆっくりと体を温められるため、リラックス効果が高い
  • 遠赤外線の作用で体の芯から温められる
  • 代謝アップ効果が期待できる
  • 冷え性の改善に効果的

岩盤浴は、ゆっくりとリラックスしながら発汗を楽しみたい人におすすめです。

また、冷え性の改善にも効果的だと言われているので、冷え性に悩む人にもおすすめです。

ただし、長時間の入浴は体に負担がかかるので、体調に合わせて時間を調整しましょう。

のんびりと発汗を楽しむのが良いでしょう。

ぐー

サウナでも冷え性改善できるよ

サウナと岩盤浴の比較

乾燥サウナ
岩盤浴
  1. 室温80〜100度
  2. 外部から温まる
  3. 持ち込み禁止
  4. お喋り禁止
  5. 1人で楽しむ
  6. ととのうできる
  1. 室温40〜60度
  2. 内部から温まる
  3. 持ち込みOK(場所による)
  4. お喋りOK
  5. 男女共にみんなで楽しめる
  6. ととのうできない
ぐー

サウナと岩盤浴は効果ってよりもどっちで楽しむかだね。

チョキ

どっちも魅力的だよね!

サウナと岩盤浴は、どちらも体を温めて発汗を促す効果がありますが、その方法や特徴には違いがあります。

それぞれの特徴を比較することで、自分に合った発汗方法を選ぶことができるでしょう。

サウナは短時間で発汗できるのが魅力ですが、体への負担も大きいので、体調管理には気を付ける必要があります。

一方、岩盤浴はゆっくりと体を温められるので、リラックス効果が高いのが魅力です。

ただし、長時間の入浴は体に負担がかかるので、体調に合わせて時間を調整しましょう。

自分に合った発汗方法を選ぶには、それぞれの特徴を理解することが大切ですね。

ぐー

体調や目的に合わせて、上手に発汗方法を使い分けましょう

さいご:【徹底比較】サウナと岩盤浴の違いとは?特徴を詳しく解説!

ぐー

今回は、サウナと岩盤浴の違いや特徴、それぞれの魅力について解説しました。

サウナと岩盤浴の主な違いは以下の通りでした。

  • 温める方法が異なる
  • 温度と湿度が異なる

サウナは高温の空気で体を温める発汗方法です。

  • 温度は80〜100℃と高温
  • 湿度は10〜20%と低め

岩盤浴は、加熱した天然石の上に寝そべることで体を温める発汗方法です。

  • 温度は40〜60℃程度
  • 湿度は60〜80%と高め

サウナと岩盤浴のおすすめポイントは以下の通りでした。

  • サウナは短時間で発汗できる
  • 岩盤浴はリラックス効果が高い

サウナは8〜10分程度の短時間で発汗できるため、忙しい人におすすめです。

一方、岩盤浴はゆっくりと体を温められるため、リラックス効果が高いのが魅力です。

あなたの体調や目的に合わせて、サウナと岩盤浴を上手に使い分けてみてください。

ぐー

きっと、お気に入りの発汗方法が見つかるはずです。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
本記事の内容