サウナの赤い斑点の正体とは?このキリン柄の模様は大丈夫なのか

さうっきー

赤い斑点の正体ってなんだろう?

これって大丈夫なのかな?

このようなお悩みを解決します。

本記事の内容!
この記事でわかること
  • サウナの赤い斑点の正体
  • 赤い斑点は何故出てくるの?
さうっきー

この赤い斑点気になる

さまる

最初はびびるよね

さうしか

ちゃんと入れている証拠だよ

目次

サウナの赤い斑点の正体は【あまみ】

赤い模様の斑点があると大丈夫なのかな?って心配になりますよね。

結論から言いますと大丈夫です。

問題ありません。

サウナの赤い斑点の正体【あまみ】というサウナ用語の一つです。

サウナ愛好家たちはこれを出しに行くのもひとつの楽しみでもあったりします。

赤い斑点が出るのはサウナでしっかりと温まっている証拠なのです。

身体に悪影響はありません。

サウナから上がればすぐに消えてしまいます。

しかし、赤い斑点を出したくて無理して入るのはもちろん身体には悪くなります。

正しい入り方をして無理しない程度にサウナを楽しみましょう!

あまみは何故出てくるの?

先ほど正しい入り方であまみが出てくるとお伝えしました。

それではステップごとにサウナ→水風呂→外気浴と体の中でどのように変化してあまみが出てくるのか解説します。

さうっきー

わくわく

STEP
サウナ

サウナに入ることによって体温があがり血行が良くなります。
この時に身体の中では熱を逃がそうと血管が緩くなるため、血液の流れが良くなり。

皮膚の正面が赤くなります。

STEP
水風呂

水風呂に入ることによって血管が収縮され熱を逃がさないようにする働きがあります。
皮膚の表面の温度だけが下がります。

(身体の中は血液の流れがよく、まだ熱を逃がそうとしている状態です)

STEP
外気浴

水風呂に出た状態はまだ身体の中ではまだ熱を逃がそうとしているため、赤く浮き上がってきます。

(水風呂に入って血管が収縮されていない場所が赤くなります)

一度ではできなくても、これを繰り返すことによって皮膚の血管が引き締まり、赤い斑点が目に見えるようになります。

赤い斑点が出るって事はしっかり身体が温まっている証拠にもなります。

これが出てきたら「ととのう」できる証拠にもなります。

水風呂後に出ているか確認してください。

出ていたらすぐに身体を拭いて外気浴(横になるかイスに座る)をしてください。

ふわふわした感じになります。

これをととのったと言います。

じい校長

ととのうに関しては下記の記事で詳しく解説しています。

あまみを出したいからといってやってはいけないこと

あまみをたくさん出したいからと言ってサウナに長く入るのは危険です。

熱中症や脱水症状など引き起こすことがありますのできつくなったら無理しなずに出る事です。

それでも長く入りたいって方は負担をかけずに入ることをおすすめします。

水分補給はこまめにしたりとサウナハット使ったりと対策はあります。

じい校長

長く入りたい方におすすめな方法を解説しているぞ。

さいご:サウナの赤い斑点の正体とは?このキリン柄の模様は大丈夫なのか

赤い斑点
赤い斑点のまとめ

サウナの赤い斑点の正体は【あまみ】

あまみが出てくる仕組み

サウナの赤い斑点は急に出てきてサウナを利用する人は驚くかと思いますが。

これは正常です。

問題ありません。

しかし、正しい入り方を守ってください。

「ととのう」をしたいから無理して入るのだけはやめてください。

あくまでもサインですので必ず「ととのう」ができるとは限りません。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる